県知事に政策提案書を提出

NEWS

茨城県連と県議会会派「立憲いばらき」は12月18日、県の来年度当初予算編成にあたり、大井川和彦知事宛てに政策提案書を提出しました。

青山大人衆議院議員、梶岡博樹県連副代表、玉造順一県議、設楽詠美子県議、石松俊雄笠間市議は横山征成副知事と面会し、物価高騰により困窮する世帯に対しての支援策や、9月の台風13号により県北3市が甚大な水害被害に遭ったことから県管理河川の防災対策など、県の考えを伺いました。

政策提案には、各種団体15団体と行った意見交換会でお聴きした意見も反映させ、難病者への支援拡充、医療・福祉施設をはじめとする事業者へのきめ細やかな支援、行政文書や広報の多言語対応推進の促進、厚生労働省通達の周知徹底と労働相談窓口の充実、環境保全型農業の推進に対する体制整備と支援策の確立や担い手対策の強化、保育園や幼稚園に勤務する栄養士や栄養管理士に対する評価の適正化など、計35項目の提案を盛り込みました。

NEWS
シェアする
立憲民主党茨城県総支部連合会Twitter&facebookをフォローする
立憲民主党 茨城県総支部連合会